山辰組が開発した 各種魚道 の詳細をご覧になりたい方は、下記の「魚道名枠内」をクリック()してご覧ください。 

Wikipedia にも掲載されています。➡ https://ja.wikipedia.org/wiki/魚道

上りやすい魚道により、栄養豊富な上流へ上れる河川環境が提供できました! 

河川には、治水のために設けられた堰堤などの段差部が生じています。海から山へ、山から海へと移動する魚類や甲殻類等にとって、この箇所を通過するための 魚道 は欠かせません。
当社開発の 魚道 を設置した年には、「あの 魚道 のおかげでアユが遡上しやすくなった。」、「上流へ上って豊富なコケでアユが大きくなった!」と、釣り人や漁協関係者の皆さまから喜びの声をいただいております。

数多くの実績と設置後の調査にて良好な遡上状況を確認!それらのデータを生かした 魚道 設計のお手伝いも行っております。

山辰組では、自社で開発してきた 各種魚道 の設置後の調査結果や特長をまとめた論文等、豊富な資料を取り揃えております。また、培ってきた魚道のノウハウを生かした設計のお手伝いも行っております。

棚田式魚道ブロックを用いた国土交通省中部地方整備局との共同開発特許魚道です。

全体が扇形で180°の間口のどこからでも上れる 魚道 です。自然石を用いた、独自の水深20㎝程度のプール構造で、土砂の堆積がないためメンテナンス・フリーです。「棚田式 魚道 ブロック」として二次製品化することにより、魚道として低コストで高品質を確保し、施工スピードをアップ!何しろ良く上る。  様々なメリットから全国各地でご採用いただいております。

高低差の大きい堰堤、ダムなどに設置する高段差部専用魚道です。

砂防ダムなどの高低差の大きい場所専用の鋼製の 魚道 です。従来の折り返し型の魚道と比べ、工事費用を40%縮減できます。

「自然石スロープ魚道ブロック」を用いた斜路式の魚道です。

水制効果のある自然石を魚道表面に植え込んだ、全体としてスロープ状の斜路式魚道です。      自然石の間に休憩用の凹部も備え、魚類がラクラクと遡上・降下できる安定した流況を提供します。

既設構造物の内部に設置し、洪水の際の転石による破損などの影響を最小限に抑えます。

巨石の転石などが多い堰堤に設置する 魚道 です。堰堤内に 魚道 を組み込むことで、 魚道 が破損することを防ぎます。

水田と排水路をつなぐ魚道です。独自の二階建て構造で魚道はもちろん、水路内に落ちてしまった小動物の避難経路にも配慮した魚道です。

水田と水路をつなげる 魚道 です。田んぼに生息する生物が水路と田んぼを行き来できる環境を創ることをことを目的とした 魚道 です。