山辰組が開発した 魚道 の詳細は下記のボタンからどうぞ!

ふるさとの川と魚のことを本気で考えた 魚道 。魚道 ブロックとして各パーツをユニット化。施工も簡単、コスト削減。

段差部の大きさなど、設置する場所の条件に応じた新しいタイプの 魚道 をいくつか開発し提案しています。国土交通省をはじめ、岐阜県、山梨県、熊本県、北海道など全国各地、多くの 魚道 設置現場で実績を上げ好評をいただいております。

遡上率の高さを重視。上流の環境に変化。様々な状況・ 魚の個体差も考慮した「魚のための魚道」。

河川には、治水のために設けられた堰堤などの段差部が生じています。海から山へ、山から海へと移動する魚類や甲殻類等にとって、この箇所を通過するための 魚道 は欠かせません。
当社開発の 魚道 を設置した年には、「新しく設置した 魚道 のおけげでアユが遡上しやすくなった。上流で育ったから、アユが大きくなった!」と釣り人や漁協関係者の皆さまから喜びの声をいただいております。

数多くの実績と設置後の調査にて良好な遡上状況を確認!それらのデータを生かした 魚道 設計のお手伝いも行っております。

山辰組では、自社で開発してきた 魚道 の設置後のデータや調査結果や弊社魚道の特長をまとめた論文等、豊富な資料を取り揃えております。また、培ってきたノウハウを生かした 魚道 の設計のお手伝いも行っております。当社開発、製作をしている、魚道 ブロックを用いたCAD図面の作成や、 魚道 の数量計算書の作成、 魚道 設置にかかる概算工事費用の算出などを行い、各現場ごとに適切な 魚道 の設計のお手伝いを実施しております。

棚田式魚道ブロックを用いた中部地方整備局との共同特許魚道です。

180°の間口を持つ、どこからでも遡上できる 魚道 です。自然石を用いた、独自のプール構造、メンテナンスフリー、 魚道 ブロックとして二次製品化により施工スピードをアップ、など様々なメリットから、全国各地でご採用いただいております。

高低差の大きい堰堤、ダムなどに設置する魚道です。

砂防ダムなどの高低差の大きい場所に設置する、鋼製の 魚道 です。従来の折り返し型の魚道と比べ、工事費用を40%縮減できます。

スロープ魚道ブロックを用いた斜路式の魚道です。

自然石を用いた、斜路式の 魚道 です。スロープ魚道ブロックとして安定した品質を確保いたしました。

既設構造物の内部に設置し、洪水の際の転石による破損などの影響を最小限に抑えます。

巨石の転石などが多い堰堤に設置する 魚道 です。堰堤内に 魚道 を組み込むことで、 魚道 が破損することを防ぎます。

水田と用水路をつなぐ魚道です。独自の二階建て構造で水路内に落ちてしまった動物等も利用できます。

水田と水路をつなげる 魚道 です。田んぼに生息する生物が水路と田んぼを行き来できることを目的とした 魚道 です。