「ハイブリッド・山辰サイフォン排水装置」 

NETIS登録 No.CB-160016-A


*基本的な構成

主として、

① 「サイフォンホース」、

② 「注水合流部・ワイ・ガッチャン」、

③ 「水中ポンプ」からなる、

「ハイブリッド・山辰サイフォン排水装置」

 


画期的で、簡単サイフォン起動方法

1. 「水中ポンプ」を使用して「送水ホース」に数分間注水する。

2. 「送水ホース」が満水で流れるようになったら、水中ポンプを停止。

3.  すると、送水ホース」「サイフォン排水ホース」機能切り替わる!

   画期的起動方法「ハイブリッド・サイフォン排水装置」開発

          しました。

 

従来のサイフォン装置は、上流側と下流側に開閉弁が必要であったが

山辰サイフォンに開閉弁必要無い!

常識破り簡単な起動方法は特許製品・工法」と査定されました。

 


 

ハイブリッド・山辰サイフォン排水装置(Φ200㎜・8インチ)の

起動状況をご覧ください。

 

ハイブリッド・山辰サイフォンのカンタン起動方法

 

「ハイブリッド・山辰サイフォン排水装置」による排水状況!

なんと、自然エネルギーで、水中ポンプ排水量水頭差10m)


での排水装置にかった、いくつかのきな特長として・・・

 

1.現場のコスト縮減を達成

   サイフォン起動後は、電気や燃料を使用しません。

 

2.地球温暖化防止に貢献! 

   CO2(二酸化炭素)など温室効果ガスの排出が無いので地球温暖化防止に貢献します。

 

3. 地球資源の枯渇防止に貢献!

   発電に燃料を消費しないため、大切な地球資源の枯渇防止に貢献することができます。

 

4.さまざまなシーンでの活用が可能です。

   工事現場での大小さまざまな水替工、天然ダムの排水作業、ため池池干し、

  洪水時のため池堤防決壊防止排水作業、など、さまざまな状況での利用が可能です。

  少し遠いですが、ヒマラヤ氷河湖の排水も可能です。

 


二酸化炭素など温室効果ガス排出きくます。 

脱炭素社会の構築にも貢献します。


山辰サイフォン」と「水中ポンプ」の排水量比較

 

◎Φ200㎜8インチ)の「山辰サイフォン」の各水頭差毎の排水量を 各サイズの

水中ポンプの排水量と比較しました。

 

○水頭差1mで、サイフォン排水量2.2㎥Φ150㎜( インチ)水中ポンプと同等の排水量

 

○水頭差3mで、サイフォン排水量4.0㎥Φ200㎜( インチ)水中ポンプと同等の排水量

 

○水頭差11mで、サイフォン排水量8.4㎥Φ250㎜(10インチ)水中ポンプと同等の排水量

 


◎「ハイブリッド・山辰サイフォン排水装置」は・・・

 大変多くの皆様がこの技術に関心を持っていただきました。

 見学会などの記録を掲載させていただきますので、下記のリンクをご覧ください。


平成24年度 「建設施工と建設機械シンポジウム」で、PS審査委員特別賞を受賞



「山辰サイフォン」のパワーを装置」としてだけではなく・・・・・・

装置」に活用しました。

 

流出して来る土砂を、吸水口「キューサ」吸収し、ダム下流部へとサイフォンホース移動します。

 

◎ハイブリッド・山辰サイフォンによる「排砂作業」をご覧ください。

          山辰サイフォン起動と、吐出し口の排砂作業

 

 

 

          吸水口「キューサ」へまれる土砂の状況。

【特許申請中】

 この実験に使用した「山辰サイフォン排砂装置」は、Φ200㎜のサイフォン排水管延長約120m、水頭差約11mの条件で、排水量の2~3%の土砂を移動したとして、24時間の排砂作業により11tダンプトラックで、なんと40台~60台近くの土砂移動ができる理論上の機能があります。

 

以上、動画などをご覧になってご意見、ご感想などございましたら、お待ちしております

 

 

お問い合わせは、こちらまで

電話  0585-32-0171

E-mail  yamatatu@yamatatu.com