ため池の水を抜きたい。。。

でも、機材運搬用の道が無い!ポンプや機材が運べない!   安価に排水・放流したい!

そんなときにはハイブリッド・サイフォン送水装置!

ため池の取水施設(たて樋、底樋など)が老朽化し、放流ができないため池は全国各地にあります。事前放流、低水位管理をしようにも、水中ポンプや発電機を運び込む重機が通行できる道も無い、そんな事態が多くあります。
ハイブリッド・サイフォン送水装置(直径100mm版)は、道路が無くても、人が通ることが出来るスペースがあれば、全ての部材を人力で運搬して送水作業を可能としました。水頭差が10mで毎分2.2㎥以上の放流量が確認できました(ひと回り大きなサイズのΦ150㎜の水中ポンプ以上の放流量です。24時間で25mプール8面以上の排水・放流を可能としました(※1)。

大型の水中ポンプ、発電機も使用しないため、安価に排水、放流が可能となりました!

各地のため池での採用実績もございます。

ハイブリッド・サイフォンの特徴

大型の水中ポンプ、発電機が不要!リース料金等を縮減!

専用部材を活用し、全て人力運搬が可能な装置となっています。従来の方法で必要となる、大型の水中ポンプ、大型発電機を使用しないので、リース料金を縮減することが可能です。

 

全て人力で運搬可能!

5名程度の人員で運搬、設置、撤去が可能です。(現地条件にもよるので、設置・撤去費については別途ご相談)

 

直径100mmのサイフォン装置で、水頭差が10mで

1日約3,160m3(25mプール8.8面分の排水、放流が可能!

サイフォンの原理による排水・放流を容易に起動するシステムです。(※1)

 

※1 設置条件(延長、揚程、水頭差など)によって排水量が変動します。詳細はお問い合わせください。


設置・排水状況

お問い合わせ

TEL:0585-32-0171 mail:yamatatu@yamatatu.com 担当:馬渕